提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ



(農研機構)害虫の飛行パターンをモデル化し3次元位置を予測-害虫を高出力レーザー等で駆除する技術開発に貢献-

2021年12月03日

農研機構は、害虫の飛翔位置を予測できる方法を開発した。カメラの画像から飛翔害虫の3次元位置を検出し、その動きを予測する方法を開発した。予測された位置に高出力レーザーを照射するなど、害虫を駆除する新しい害虫防除システムの開発への貢献が期待される。


詳細はこちらから