提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(広島大学)キク属モデル系統の高精度全ゲノム塩基配列を決定~栽培ギク品種育成におけるゲノム情報の活用へ~

2021年10月28日

いわゆる「菊」は栽培ギクと呼ばれ、ゲノムを6セットもつ六倍体であるうえ、自家不和合性であるためヘテロ性が高く、そのゲノム構造は非常に複雑で、そのため、栽培ギクで遺伝学的研究を行うのは難しいことが知られている。その問題を克服するために、栽培ギクに良く似た性質を持つ二倍体種キクタニギクの純系化系統Gojo-0がモデル系統として開発されている。
今回、広島大学大学院らの共同研究チームは、このGojo-0系統の全ゲノム塩基配列についてロングリードシーケンスを用いることにより高精度・染色体レベルで決定することに成功した。


詳細はこちらから