提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構)8月の収穫直後から甘い サツマイモ新品種「あまはづき」-ねっとり甘い焼き芋を、ひと足はやく食卓に-

2021年10月22日

農研機構は、8月頃からねっとり甘い焼き芋をつくれるサツマイモ新品種「あまはづき」を開発した。
「あまはづき」は、貯蔵しなくても、収穫直後の早い段階から糖度が高いことが特徴。低温糊化性でん粉という特殊なでん粉を含んでいるため、通常のサツマイモ品種と比べて、加熱調理の過程でより低い温度からでん粉が糖へ変化し、加熱調理後の糖度が高く仕上がる。また、早掘り栽培することで糖度の高さが際立ち、収穫直後の8月から、ねっとり甘く、おいしい焼き芋を作ることができる。「あまはづき」は、2022年春から、関東地方を中心に民間種苗会社を通じて苗が供給される予定となっている。


詳細はこちらから