提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構)温暖地向け豆乳用大豆品種「すみさやか」-青臭みやえぐ味の少ない豆乳-

2021年09月21日

農研機構西日本農業研究センターは、温暖地向け豆乳用大豆品種「すみさやか」を育成した。「すみさやか」は、子実中の青臭みの原因となる酵素リポキシゲナーゼおよびえぐ味の原因とされるグループAアセチルサポニンを欠失しているため「すみやさか」を原料とした豆乳は青臭みやえぐ味が少なく、すっきりした味わいとなる。滋賀県で契約栽培が行われており、生産物は豆乳原料として利用される。当面の普及見込み面積は数百haで、今後さらに作付面積の拡大が期待される。


詳細はこちらから