提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構)ジャガイモ・サツマイモの品種開発を効率化するDNAマーカー迅速作製法を開発

2021年09月15日

農研機構と石川県立大学は共同で、交配による品種改良において、多くの染色体組み合わせが生じるため優良な個体の選抜が難しいジャガイモやサツマイモなどの高次倍数体作物で、迅速にDNAマーカーを作製する方法を開発した。
従来は多数の個体ごとに行っていたゲノム配列解析を、各作物に適した解析条件を設定し、目的とする性質が異なる2種類の個体群を抽出し、それぞれ混合して解析することで、これまで1年以上かかっていたDNAマーカーの作製期間を最短で2カ月に短縮できた。これにより、高次倍数体作物の品種開発において、耐病性やいもの品質など、産地や実需者のニーズの高い性質について、DNAマーカーを用いた選抜作業の効率化が期待される。


詳細はこちらから