提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(東京農工大学ほか)ウイルスと寄生蜂とイモムシ3者の相互作用が育んだ蜂殺し遺伝子の発見

2021年08月03日

東京農工大学は、森林研究・整備機構、農研機構と共同で、寄生蜂に対抗するために昆虫や昆虫に感染するウイルスが持っている、全く新しい遺伝子を発見した。この成果により、今後、寄生蜂を用いた新たな害虫防除技術の開発や、ウイルス学、進化学への貢献が期待される。


詳細はこちらから