提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構)有機質資材と被覆尿素肥料の窒素肥効を見える化するウェブサイトを公開

2021年05月14日

農研機構と国立環境研究所は、地温などの土壌条件に応じて、家畜ふん堆肥や植物油かすなどの有機質資材と被覆尿素肥料の窒素肥効を予測するアプリを開発し、日本土壌インベントリーのウェブサイトに公開した。
数分の簡単な入力作業により、作物にとって重要な肥料成分である窒素について、有機質資材施用による減肥可能量や被覆尿素肥料の経時的な溶出量を施肥前に予測することができる。適切な施肥設計に活用でき、有機質資材の更なる活用や、化学肥料の使用低減につながると期待される。


詳細はこちらから