提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構)「50mメッシュ精密気象データの作成法標準作業手順書」を掲載

2021年03月10日

農研機構は、「50mメッシュ精密気象データの作成法標準作業手順書」を作成、ホームページに掲載した。

本技術は中山間地域等の複雑地形地に適用できる50mメッシュ解像度の精密気象データを作成するもの。本技術により作成可能な精密気象データ要素は、日平均気温、日最高気温、日最低気温、日積算日射量、日平均相対湿度、日積算基準蒸発散量の6要素となる。現在のアプリケーション群は農業分野の研究者や自治体職員等が50mメッシュデータを作成する際に支援するものとなっている。


詳細はこちらから