提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構)トマト用接ぎ木装置を開発-接ぎ木作業の自動化・省力化を低コストな接合資材で実現-

2021年02月26日

農研機構は、世界的に需要の多いトマト苗接ぎ木作業の自動化・省力化をめざし、接合資材に低コストな樹脂製テープ(粘着剤不使用)を用いた新たな接合方法と、それを用いた自動接ぎ木メカニズムを考案した。さらに、開発技術の実用化をめざして企業との共同研究を実施し、このたび、トマト用接ぎ木装置を開発した。


詳細はこちらから