提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


注目の農業技術2020年09月


(東京農工大学ほか)カーネーションの花にもカロテノイドの存在を発見~今までにない鮮やかな黄色のカーネーションの品種開発が期待~

2020年9月18日

東京農工大学では、Barberet & Blanc, S.A. およびジャパンアグリバイオ(株)が育成したカーネーション品種の花色の研究を行ってきた。その中で、これまでにないカロテノイドを合成している"クラブ"という黄色品種を発見し、農研機構とともにカロテノイド色素解析と電子顕微 … 全文を読む>>

自家和合性のウメ新品種「麗和」と「和郷」~受粉樹が不要で果実が大きくヤニ果の発生が少ない~

2020年9月17日

農研機構は、自家和合性のウメ新品種「麗和」と「和郷」を育成した。 両品種とも果実が30g以上と大きく、ヤニ果の発生が少ないため、梅干しや梅酒などの用途に優れた特性を持つとともに、開花期がやや遅いため、「白加賀」など開花期が遅い自家不和合性品種の受粉樹として期待される。「麗和」は実 … 全文を読む>>

(農研機構)温暖化条件下で威力を発揮する 水稲の再生能力を活かした米の飛躍的多収生産~試験圃場レベルでおよそ1.5t/10aの超多収を達成~

2020年9月10日

農研機構は、温暖化条件下で威力を発揮する「水稲再生二期作」において、1回目稲の収穫時期や高さを工夫することにより、試験圃場レベルでおよそ1.5t/10aの飛躍的な多収が得られることを明らかにした。本成果は、今後の世界食料需要のひっ迫が予想される中での米の安定供給や、国内の加工用米 … 全文を読む>>