提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構)温暖化条件下で威力を発揮する 水稲の再生能力を活かした米の飛躍的多収生産~試験圃場レベルでおよそ1.5t/10aの超多収を達成~

2020年09月10日

農研機構は、温暖化条件下で威力を発揮する「水稲再生二期作」において、1回目稲の収穫時期や高さを工夫することにより、試験圃場レベルでおよそ1.5t/10aの飛躍的な多収が得られることを明らかにした。本成果は、今後の世界食料需要のひっ迫が予想される中での米の安定供給や、国内の加工用米や業務用米の低コスト生産への貢献が期待される。


詳細はこちらから