提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構ほか)世界初、根の改良により塩害に強いイネを開発-塩害水田向けのイネ育種に新たなアプローチ-

2020年08月24日

農研機構と東北大学、産業技術総合研究所は、塩害水田で生育阻害を回避するため、根の張り方を制御する遺伝子を世界で初めてイネで発見した。
塩害水田では塩による直接の害だけでなく、塩による土壌物性の変化で土壌が酸欠となり害を及ぼすが、今回発見した遺伝子を制御しイネの根を土壌表面に伸長させ、酸欠状態の土中に根を張らせないことで、塩害による収量の減少を軽減することができた。この成果は、地球温暖化で増大する高潮のリスクの高い日本や熱帯アジア地域の沿岸部など、塩害が問題となる地域でのイネの収量安定を目指した品種開発に大きく貢献することが期待できる。


詳細はこちらから