提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


高次倍数体農作物の農業形質を遺伝的に解析する手法を開発 ~高収量などを目指した育種が可能に~

2020年06月26日

かずさDNA研究所、岡山大学、農研機構九州沖縄農業研究センターは共同で、高次倍数体農作物における果実の大きさや収量などに関わる遺伝解析法を開発した。
今回新たに開発した手法により、高次倍数体でも対立遺伝子の頻度から算出した各対立遺伝子の存在確率により、遺伝解析が可能となった。コムギ、サツマイモ、ラッカセイ、イチゴなど多くの高次倍数体に適用が可能な解析技術であることから、さまざまな主要作物の品種改良への応用が期待される。


詳細はこちらから