提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構)AIによる温州みかん糖度予測手法を開発 -早期予測を生産・出荷に活用し収益向上をめざす-

2020年03月10日

農研機構は、温州みかんを対象に、前年までに蓄積された糖度データと気象データから、AI(人工知能)による機械学習を用いて当年の糖度を予測する手法を開発した。本手法を用いることで、出荷時の平均糖度を7月ごろから地区を単位として高精度に予測できる。本手法により、適切な栽培管理が可能となり温州みかんの品質の向上に役立つと期待される。


詳細はこちらから