提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


注目の農業技術2019年12月


(茨城県ほか)「トマト黄化葉巻ウイルス(TYLCV)検出キット」を開発

2019年12月20日

日本製粉(株)と茨城県農業総合センターは、TYLCVの簡易診断の実用化に向けて共同研究を進めてきたが、今般、「TYLCVの免疫学的診断法」について、特許出願申請をおこなった。この成果をもとに、日本製粉(株)は、TYLCVを生産現場で迅速に検出できる国内唯一のイムノクロマトキット「 … 全文を読む>>

晩生カンキツ新品種「瑞季(みずき)」

2019年12月 3日

晩生カンキツ新品種「瑞季(みずき)」

育成の背景  広島県は瀬戸内の冬季温暖な気候を活かした中晩生カンキツの栽培が盛んです。ハッサクや「安政柑」の発祥の地でもあり、古くから重要な特産品として栽培されてきました。これらのブンタンに由来する品種は、在来品種での栽培が中心であり、種 … 全文を読む>>

倒伏しにくく暑さに強い直播栽培向きの多収良食味水稲新品種「しふくのみのり」-東北地域向け、いもち病と縞葉枯病にも強く業務用米に最適-

2019年12月 2日

農研機構は、東北地域向けに、倒伏しにくく暑さにも強い直播栽培向きの多収良食味水稲品種「しふくのみのり」を育成した。 「ひとめぼれ」並の良食味で、「ひとめぼれ」より標肥直播栽培で約1割、多肥直播栽培で約3割多収となる。また、いもち病に強く、縞葉枯病に抵抗性を持つ。業務用米に適した品 … 全文を読む>>