提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(大阪府立環境農林水産総合研究所ほか)減農薬を目指す「赤色LEDによるアザミウマ類防除マニュアル」を公開

2019年11月27日

農業生産現場では、即効性があり安定した効果を示す殺虫剤が繰り返し使用された結果、殺虫剤の効かない害虫が出現している。重要害虫であるアザミウマ類においても殺虫剤抵抗性の発達と対策が課題となっており、減農薬に繋がる新しい防除技術の開発が求められてきた。
(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所、(株)光波、静岡県農林技術研究所、農研機構は、施設栽培ナス、メロンなどに赤色LED光を照射することで、ミナミキイロアザミウマに対して高い防除効果を示す技術を開発し、「赤色LEDによるアザミウマ類防除マニュアル」を作成した。
マニュアルには、赤色LED照射によるアザミウマ類の防除のしくみと赤色LED防除装置の導入や利用に関する手引きが記載されている。


詳細はこちらから