提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構)有機・農薬節減栽培と生物多様性の関係を解明

2019年08月30日

農研機構は、有機・農薬節減栽培の水田では慣行栽培よりも多くの動植物(植物、無脊椎動物、両生類および鳥類)が確認できることを全国規模の野外調査で明らかにした。
本成果は、生物多様性に配慮した稲作によって環境への負の影響を軽減するとともに、生物多様性を活用したブランド化等により農産物に新たな価値を付与するために役立つ。


詳細はこちらから