提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


カメムシに特異的な免疫の仕組みを発見 -カメムシだけに作用する害虫制御技術開発への応用に期待-

2019年02月27日

農研機構生物機能利用研究部門は、これまでに知られていない新しい昆虫の免疫機構の一端を、果樹の害虫であるチャバネアオカメムシで解明した。
昆虫の免疫機構は微生物等の体内への侵入を認識することで働くが、カメムシ目昆虫には特有の微生物認識タンパク質が存在することを世界で初めて明らかにした。本成果は、カメムシ類だけに作用する新しい害虫制御技術開発への応用が期待できる。


詳細はこちらから