提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


コムギの粒数を制御する遺伝子を発見 -「きたほなみ」の多収の秘密が明らかに-

2019年02月25日

農研機構と鳥取大学他の研究グループは、コムギの着粒数を制御する遺伝子を発見し、この遺伝子が変異することにより、コムギの収量が向上することを明らかにした。また日本の多収性コムギ「きたほなみ」の多収性には、この遺伝子が寄与していることがわかった。この成果は、コムギの新品種開発への応用が期待される。


詳細はこちらから