提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構ほか)遺伝子選抜により、地鶏の発育性が向上

2019年02月20日

農研機構は、秋田県畜産試験場、岐阜県畜産研究所、熊本県農業研究センター畜産研究所、宮崎県畜産試験場と共同で、4県の地鶏(秋田県の比内地鶏、岐阜県の奥美濃古地鶏、熊本県の天草大王、宮崎県のみやざき地頭鶏について、生産の基になっている種鶏)を特定の遺伝子型で選抜することにより、地鶏の発育性を向上させ、出荷時体重を増加させることに成功した。
本成果は、4県の地鶏生産者の売り上げ増加につながり、また、その他全国の地鶏の発育性向上にも応用できると期待される。


詳細はこちらから