提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


2018年分離株を用いた豚コレラウイルスの感染試験 -試験成績を疫学解析や防疫対策に活用-

2018年11月20日

農研機構動物衛生研究部門は、国内で26年ぶりに岐阜県で発生した豚コレラ発生農場の飼養豚から分離されたウイルスを用いて感染試験を行った。
その結果、当該ウイルスは豚に発熱や白血球減少を引き起こすものの、強毒株と比べ、病原性は低いこと、同居豚にも伝播することがわかった。また、ウイルスは分泌・排泄物中に感染後最低2週間は排泄され、抗体はウイルス接種あるいは同居後2週間以降に検出されることがわかった。


詳細はこちらから