提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


ハトムギ(イネ科)

2018年10月24日

  • (植物学名)Coix lacryma-jobi L. var. mayuen Stapf
  • (生薬名)ヨクイニン(薏苡仁)、ハトムギ
  • (利用部位)種皮を除いた種子(ヨクイニン)、果実および苞鞘(ハトムギ)

分布、主な産地

 東南アジアを原産とする1年生草本。
 本種はジュズダマ(C. lacryma-jobi L.)を原種とする栽培変種で、東南アジアを主として、中国、朝鮮半島および日本で栽培されています。
 両種の主たる区別点として、ハトムギの苞鞘(殻)は薄く、柔らかく、指で押すと割れますが、ジュズダマでは厚く、硬く、指で押しても割れません。
 種子のでんぷんは、ハトムギが糯性で、ジュズダマは一般に粳性です。両種は風媒花で、極めて容易に交雑し、交雑種はジュズダマ化するため、両者を隣接して栽培してはなりません。
 ハトムギの国内栽培は富山、岩手、栃木、島根の各県や北海道など広く行われており、2016年の栽培面積は834ha、生産量は1,373tでした。品種別栽培面積は'あきしずく'が最も多く(64%)、ついで'はとゆたか'(27%)です。当薬用植物資源研究センターでも2品種'北のはと'と'はとろまん'を育成し、前者は種子の糯性100%品種として、北海道限定で栽培されており、後者は大粒品種です。

yakuyo_hatomugi2.jpg  yakuyo_hatomugi1.jpg
ハトムギ(左)とハトムギの花(岡山在来)(右)

yakuyo_hatomugi3.jpg
ハトムギの花(はとろまん)

効用、用途等

 生薬ヨクイニンは第17改正日本薬局方に、生薬ハトムギは日本薬局方外生薬規格2015にそれぞれ収載されており、種子の糯性に関しては、薬局方に確認試験、局外生規に純度試験が規定されています。
 ヨクイニンは弱いにおいがあり、わずかに甘く、歯間に粘着します。
 利尿、消炎、鎮痛、排膿、滋養強壮などの作用があり、薏苡仁湯(よくいにんとう)、麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)などの漢方処方に配合されるほか、民間薬として、いぼ取りや肌荒れに用いられます。さらに、ハトムギとしての利用も含めて、お茶、麺類、お菓子などの食品や化粧品の原料としても利用されます。

yakuyo_hatomugi4.jpg

執筆者
医薬基盤・健康・栄養研究所薬用植物資源研究センター 研究員 飯田 修

●月刊「技術と普及」平成30年3月号(全国農業改良普及支援協会発行)から転載