提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


トウキ(セリ科)

2018年10月17日

  • (植物学名)Angelica acutiloba Kitagawa
  • (生薬名)トウキ(当帰)
  • (利用部位)根

分布、主な産地

 日本の野生種から栽培化されたと考えられている多年草で、花が咲くと株は枯死します。
 茎は高さ40~90cm、赤紫色を帯び無毛、葉は互生し、1~2回三出羽状複葉で、小葉は2~3深裂し、葉の上面は濃緑色でつやがあります。

yakuyo_touki1.jpg  yakuyo_touki2.jpg
トウキ(左)とトウキの花(右 提供:飯田修)

 栽培の歴史は古く、農業全書(1698年)には詳細な栽培法が記載されています。
 現在は奈良、和歌山、富山、群馬、北海道、栃木等で栽培されています。
 栽培は1年間苗床で育成した苗を春に本圃に定植し、葉が黄変する晩秋~冬に掘り上げて収穫する。大きな苗を定植すると抽苔しやすく、抽苔した株は生薬として使用できないため、根頭部直径が8mm以下の苗を選んで定植します。
 植物学的な変種としてホッカイトウキA. acutiloba var. sugiyamae Hikinoがあり、北海道で栽培されています。
 本種は大正時代に北海道北見地方でエゾノヨロイグサA. anomala Lall.と交配して育成されたという説とトウキの変異説がありますが、いまだ明らかになっていません。ホッカイトウキとトウキは容易に交雑し、雑種を作ります。

効用、用途等

 生薬トウキは、第17改正日本薬局方に収載されています。
 特異なにおいがあって、わずかに甘く、後にやや辛い味がします。
 強壮、鎮静、鎮痛、血液の循環改善などの作用があり、婦人薬として貧血症、腹痛、生理不順、更年期障害等に用いられ、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、七物降下湯(しちもつこうかとう)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)など多くの漢方処方に配合されるほか、医薬品原料または浴湯剤として利用されます。

yakuyo_touki3.jpg

執筆者
医薬基盤・健康・栄養研究所薬用植物資源研究センター 客員研究員 柴田敏郎

●月刊「技術と普及」平成29年12月号(全国農業改良普及支援協会発行)から転載