提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


キバナオウギ(マメ科)

2018年10月04日

  • (植物学名)Astragalus membranaceus Bunge
  • (生薬名)オウギ(黄耆)
  • (利用部位)根

分布、主な産地

 中国東北、華北、四川省、モンゴル、朝鮮半島およびロシアに分布する多年草で、茎は直立し、栽培すると1年生で高さ80~100cm、2年生で1.5~2mまでになります。
 8月下旬~9月に総状花序の黄色~淡黄色の花をつけます。
 現在、日本では主に北海道で栽培生産されているが、本植物は1965年頃に韓国より導入されたものとされています。本種と同様に生薬オウギとして使われる種類に中国北部、モンゴル、ロシアに自生するナイモウオウギAstragalus mongholicus Bungeがあり、中国山西省で栽培生産された生薬が多量に輸入されています。
 両種ともにゴボウのように主根が地中深く伸びるため、栽培には日当たりが良く排水良好で肥沃な耕土の深い圃場が適し、作付け前にトレンチャーなどで耕耘した畝に播種すると、分枝根の発生が少ない直根が発達した生薬が得られます。

yakuyo_kibanaougi1.jpg
キバナオウギ

yakuyo_kibanaougi2.jpg  yakuyo_kibanaougi3.jpg
キバナオウギの花(左)と果実(右)

効用、用途等

 生薬オウギは第17改正日本薬局方に収載されており、 味は甘く、特異な弱いにおいがあります。
 質は緻密で柔軟性があり、香気が高く、主根が良く発達し分枝根の少ないものが良品として市場で好まれます。
 強壮、止汗、利尿などの作用があり、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)などの漢方処方に配合されます。

yakuyo_kibanaougi4.jpg
提供 :薬用植物総合情報データベース

執筆者
医薬基盤・健康・栄養研究所薬用植物資源研究センター 客員研究員 柴田敏郎

●月刊「技術と普及」平成29年10月号(全国農業改良普及支援協会発行)から転載