提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU


(農研機構)「ジャガイモシロシストセンチュウの緊急防除対策技術」を掲載

2023年2月 7日

農研機構は、「ジャガイモシロシストセンチュウの緊急防除対策技術」を作成、ホームページに掲載した。 本書は、今後のジャガイモシロシストセンチュウの新規発生あるいは再発生に備え、緊急防除実施に際してその実施者(都道府県)が早期かつ効率的に防除(密度低減)対策を実施・指導できるよう、土 … 全文を読む>>

(農研機構) 株元着果性に優れ良食味のかぼちゃ新品種「豊朝交1号」~着果位置の揃いも良く、管理および収穫作業の軽労化に貢献~

2023年2月 2日

農研機構は朝日アグリア(株)と共同で、短節間性および株元着果性に優れ、食味が良いかぼちゃ新品種「豊朝交 (ほうちょうこう)1号」を育成した。 着果位置が揃い、整枝作業をしなくても果実を見つけやすいことから、生産者の管理作業や収穫作業時の軽労化が可能。また、果肉が厚く、果肉の粉質性 … 全文を読む>>

原産:日野菜-関係機関一丸となった販路開拓と、漬物以外の調理方法で伝統野菜の産地復興

2023年1月31日

原産:日野菜-関係機関一丸となった販路開拓と、漬物以外の調理方法で伝統野菜の産地復興

特徴と由来 利用方法(食べ方) 産地の動向 特徴と由来 ●滋賀県日野町  日野菜の特徴は、細長い形と色(地上部が赤、地下部は白)。特に、日野町の「原産:日野菜」(以下、日野菜)は独特の辛みが強い。露地栽培が中心で、播種 … 全文を読む>>

聖護院かぶ-霧と底冷えが育む、京の色白美肌カブ

2023年1月30日

聖護院かぶ-霧と底冷えが育む、京の色白美肌カブ

特徴と由来 産地の動向 栽培方法 食べ方 特徴と由来 ●京都府亀岡市  冬の京漬物の代表格といえば、カブを昆布と漬けた千枚漬。その原料として使われているのが聖護院(しょうごいん)かぶだ。  日本最大級(根径15~20c … 全文を読む>>

温海かぶ-400年の歴史を誇る、焼畑栽培の伝統野菜

2023年1月27日

温海かぶ-400年の歴史を誇る、焼畑栽培の伝統野菜

特徴と由来 産地の動向 栽培方法 食べ方 特徴と由来 ●山形県鶴岡市  温海(あつみ)かぶは、山形県鶴岡市温海地域(旧温海町)で栽培されてきた伝統的な野菜である。シベリアまたは中国東北部から伝来したとされる西洋カブの一 … 全文を読む>>

(農研機構ほか)ウェブで使える作物家系図の作成ツール「Pedigree Finder」を開発~品種の祖先・子孫の情報を提供・利活用するデータベース~

2023年1月27日

農研機構と情報・システム研究機構は、作物の家系図を利用者が自由に作成できるデータベース「Pedigree Finder」を開発した。 「Pedigree Finder」は、作物種・世代数などの情報を入力することで、品種・系統の類縁関係とそれらが示す作物特性を関連づけて表示できる。 … 全文を読む>>

(農研機構)外から見えない害虫を炭酸ガスで退治する-低圧炭酸ガスを用いたクリ果実殺虫技術が農薬登録-

2023年1月26日

農研機構は、1MPa未満の低圧炭酸ガスを用いて1時間くん蒸処理することで、収穫したクリ果実内のクリシギゾウムシを殺虫できる技術を開発した。本法は、2022年9月に農薬登録(適用拡大)がなされ、くん蒸作業の負担が少なく、安定供給可能な農薬として使用できる。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

木曽の赤カブ-家庭の食卓に欠かせない木曽地域の赤カブ

2023年1月25日

木曽の赤カブ-家庭の食卓に欠かせない木曽地域の赤カブ

特徴と由来 産地の動向 地域伝統食 食べ方 特徴と由来 ●長野県木曽郡木曽町、上松町、南木曽町、木祖村、王滝村、大桑村、塩尻市  木曽地域には「開田(かいだ)蕪」「王滝蕪」「三岳黒瀬蕪」「細島蕪」「吉野蕪」「芦島(あし … 全文を読む>>

津田かぶ-シャキシャキとした食感とみずみずしい甘み

2023年1月23日

津田かぶ-シャキシャキとした食感とみずみずしい甘み

特徴と由来 産地の動向 栽培方法 食べ方 特徴と由来 ●島根県松江市  津田かぶの特徴は、神の国=島根を連想させる勾まが玉たま状の形と食味の素晴らしさにある。来歴については明らかではないものの、松江藩祖松平直政 … 全文を読む>>

大野紅かぶ-北前船で伝搬された道南の伝統野菜

2023年1月20日

大野紅かぶ-北前船で伝搬された道南の伝統野菜

特徴と由来 産地の動向 特徴及び栽培方法 食べ方 特徴と由来 ●北海道北斗市、函館市ほか  全国的に伝統野菜が注目されている中、北海道道南にも江戸時代に北前船でもたらされたカブがある。主に函館市近郊の北斗市(旧大野町) … 全文を読む>>