提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「スマート農業スタートダッシュミーティング」(農業現場における新技術の実装に向けたマッチングミーティング(第6回))の出展内容の詳細について

2019年5月30日

農林水産省は、令和元年6月14日(金)に開催する「スマート農業スタートダッシュミーティング」(農業現場における新技術の実装に向けたマッチングミーティング(第6回))について、出展企業(計40社)及び当日のプログラムの詳細を決定、各社の出展内容の紹介資料をホームページに掲載した。  … 全文を読む>>

津軽西北地域「大規模水田作スマート農業実演会」を開催(青森県中泊町)

2019年5月27日

津軽西北地域「大規模水田作スマート農業実演会」を開催(青森県中泊町)

 青森県の津軽西北地域は、本州最北端の寒冷地であるが、冷害を克服し生産性の高い稲作経営が行われている。しかしながら、近年の担い手の高齢化や担い手不足のため、熟練者の冷害回避技術の継承や、大規模化に伴うきめ細やかな栽培・労務管理等が困難になり … 全文を読む>>

大規模水田輪作(水稲・大豆)における園芸作物(枝豆)導入に向けたスマート農業一貫体系の実証プロジェクト始動

2019年5月13日

 新潟県新潟市は全国第一位の水田耕地面積を誇り、コシヒカリをはじめ、野菜や果樹等を生産する大農業都市であるが、近年の農業就業者の減少、次世代後継者不足は新潟市においても大きな課題となっている。  これらの課題を解決するため、2014年の国家戦略特区(農業特区)指定以降、全国に先駆 … 全文を読む>>

信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアム設立発表と第1回推進会議

2019年4月23日

信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアム設立発表と第1回推進会議

●実証課題名「中山間地農業を支える集落営農におけるスマート農業技術を駆使した先進的水田複合経営の実証」  長野県伊那市において「スマート農業技術開発・実証プロジェクト」が始まった。  4月10日、信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアム設立 … 全文を読む>>

(九州農政局)「九州農政局管内のスマート農業取組事例」を掲載

2019年3月28日

九州農政局は、地方で初めて独自に、スマート農業の現場への一層の普及・実装のため、農業現場における農業者のスマート農業の取組みを知ってもらうことを目的に、「九州農政局管内のスマート農業取組事例」として取りまとめ、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(日本植物防疫協会)シンポジウム「スマート農業時代の植物防疫を考える」の講演要旨を掲載

2019年3月25日

一般社団法人日本植物防疫協会は、1月22日(火)に開催したシンポジウム「スマート農業時代の植物防疫を考える」の講演要旨をホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(東海農政局)東海地域のスマート農業取組事例を掲載

2019年3月22日

東海農政局は、東海地域のスマート農業取組事例をホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」及び「スマート農業加速化実証プロジェクト」の公募における審査結果を公表

2019年3月20日

農研機構は、「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」(平成30年度補正予算)及び「スマート農業加速化実証プロジェクト」(平成31年度予算)の課題について、実証課題審査委員会による厳正な審査を行い、運営委員会において委託予定先を決定した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

農業用ドローンの普及計画を掲載

2019年3月20日

農林水産省は、3月18日に開催した「農業用ドローンの普及拡大に向けた官民協議会」設立会の配布資料をホームページに掲載した。 詳細はこちらから ▼スマート農業のページはこちら  … 全文を読む>>

気象情報とICTを活用した作物の栽培管理を支援する情報システムを開発 -水稲、小麦、大豆を対象に、実証のための運用を開始-

2019年3月14日

農研機構と(株)ビジョンテックを中心とした共同研究グループ(生産システムコンソーシアム C.「情報・通信・制御の連携機能(気象情報)」)は、総合科学技術・イノベーション会議の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「次世代農林水産業創造技術」において、水稲の冷害や高温障害など … 全文を読む>>