提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(株)福成農園スマート農業実証コンソーシアム中間検討会の開催

2020年10月12日

(株)福成農園スマート農業実証コンソーシアム中間検討会の開催

●実証課題名:次世代につなぐ水稲・白ネギを柱にした中山間地域水田複合経営モデルの実証~農業の「ユニバーサルデザイン化」・「データの見える化」を目指して~  令和2年9月24日(木)、鳥取県米子市の鳥取県西部総合事務所会議室において「㈱福成農 … 全文を読む>>

第2回「先端機械・機器低コスト共同利用モデル実証コンソーシアム」推進会議の開催

2020年10月12日

第2回「先端機械・機器低コスト共同利用モデル実証コンソーシアム」推進会議の開催

●実証課題名「棚田地域における安定的な営農継続のための先端機械・機器低コスト共同利用モデルの実証」  令和2年9月23日(水)、岐阜県下呂市金山町の菅田公民館において第2回「先端機械・機器低コスト共同利用モデル実証コンソーシアム」推進会議が … 全文を読む>>

信州伊那⾕スマート農業実証コンソーシアム第3回推進会議を開催

2020年9月15日

信州伊那⾕スマート農業実証コンソーシアム第3回推進会議を開催

●実証課題名「中山間地農業を支える集落営農におけるスマート農業技術を駆使した先進的水田複合経営の実証」  令和2年9月4日、JA上伊那春富支所会議室において、信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアム令和2年度第3回の推進会議が開催された。 … 全文を読む>>

GNSSを活用したダイズの培土作業実演会の開催(秋田県大館市)

2020年9月15日

GNSSを活用したダイズの培土作業実演会の開催(秋田県大館市)

 大豆は水田フル活用を進めるうえで重要な作物であるが、播種や除草作業(中耕・培土等)時の不均一な畦間や蛇走行により、雑草が繁茂し、品質低下や収量減となっている。  また、農薬費や手取り除草の労賃も掛かり増しとなっている事例が散見している。  … 全文を読む>>

「アンドファームスマート農業実証コンソーシアム」令和2年度中間検討会及び現地検討会を開催(岩手県盛岡市及び八幡平市)

2020年8月31日

「アンドファームスマート農業実証コンソーシアム」令和2年度中間検討会及び現地検討会を開催(岩手県盛岡市及び八幡平市)

 8月3日、岩⼿県⺠情報交流センター会議室において、「アンドファームスマート農業実証コンソーシアム」令和2年度中間検討会が開催され、関係者約50名が参加した。  検討会では、以下の実証項⽬ごとに実証の状況、評価等について熱⼼に議論が⾏われた … 全文を読む>>

「SDGs未来杜市・真庭スマート農業オープンラボ」令和2年度現地実演会を開催(岡山県真庭市)

2020年8月25日

「SDGs未来杜市・真庭スマート農業オープンラボ」令和2年度現地実演会を開催(岡山県真庭市)

 「SDGs未来杜市・真庭スマート農業オープンラボ」は、7月29日(水)、農事組合法人 寄江原の実証農場(岡山県真庭市)で、「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト現地実演会」を開催。当日は梅雨明け前の不安定な天候ではあったものの、 地元 … 全文を読む>>

信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアム令和2年度第1回実演会を開催(長野県伊那市)

2020年8月 7日

信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアム令和2年度第1回実演会を開催(長野県伊那市)

 7⽉20⽇(火)、長野県の信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアムの実証経営体である農事組合法人「田原」の実証農場 (長野県伊那市)で、令和2年度第1回実演会が開催された。  当日は梅雨の晴れ間の中、コンソーシアム関係者、マスコミ等を中⼼ … 全文を読む>>

信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアム第2回推進会議を開催

2020年7月15日

信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアム第2回推進会議を開催

●実証課題名「中山間地農業を支える集落営農におけるスマート農業技術を駆使した先進的水田複合経営の実証」  令和2年7月1日、JA上伊那春富支所会議室において、信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアム令和2年度第2回の推進会議が開催された。  … 全文を読む>>

(株)福成農園スマート農業実証コンソーシアムで第1回スマート農業技術実演会を開催(鳥取県南部町)

2020年6月18日

(株)福成農園スマート農業実証コンソーシアムで第1回スマート農業技術実演会を開催(鳥取県南部町)

 鳥取県南部町で営農する(株)福成農園は、地域の担い手組織として、水稲、白ネギを柱とする中山間地域水田複合農業を展開している。近年は担い手不在で困っている町外地域へも営農地を拡大しており、ほ場移動時間の効率化や農業機械稼働率の向上など経営上 … 全文を読む>>

可変施肥機能付き田植機で酒米の単収向上及び品質の均質化を目指す(岩手県二戸市)

2020年6月18日

可変施肥機能付き田植機で酒米の単収向上及び品質の均質化を目指す(岩手県二戸市)

 和食ブームの後押しにより、日本酒が近年、海外で注目を集めている。種類が増えたことや個性的な日本酒が増えたことも、その要因であると考えられる。  岩手県二戸市にある酒造会社「株式会社南部美人」は、2017年にIWCチャンピオン・サケを受賞。 … 全文を読む>>