提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」における自動運転アシストコンバインおよび自動運転トラクタの同時作業実演会

2019年10月 8日

「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」における自動運転アシストコンバインおよび自動運転トラクタの同時作業実演会

 9月24日、「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」の取り組みの一環として、株式会社白銀カルチャーの実証圃場において、作業実演会が開催された。  今コンソーシアムは、新潟市が代表機関となり、生産者の株式会社白銀カルチャー、農研機構中央 … 全文を読む>>

中山間地域の土地利用型野菜輪作体系におけるスマート農業現地検討会の開催(岩手県岩手町)

2019年9月27日

中山間地域の土地利用型野菜輪作体系におけるスマート農業現地検討会の開催(岩手県岩手町)

 当地区で取り組んでいるスマート農業技術を広く知らせるため、9月18日(水)、(株)アンドファーム鳩ノ巣圃場において、現地検討会が開催された。岩手県園芸産地改革戦略会議および岩手県農業普及技術課の主催で、約70名の参加があった。  はじめに … 全文を読む>>

うまい酒はうまい米から! ~食味・収量センサ付きメッシュマップコンバインによる酒米の収穫作業実演会を開催~ (岩手県二戸市)

2019年9月25日

うまい酒はうまい米から! ~食味・収量センサ付きメッシュマップコンバインによる酒米の収穫作業実演会を開催~ (岩手県二戸市)

 岩手県二戸農業改良普及センターでは、酒米生産の省力化・生産性向上を図りながら、収量品質の向上を実現するため、全国農業システム化研究会の「スマート農業技術による一貫体系構築のための実証調査」に取り組んでいる。  9月17日、実証圃となってい … 全文を読む>>

「アンドファームスマート農業実証コンソーシアム」現地検討会および中間推進会議を開催(岩手県岩手町)

2019年9月24日

「アンドファームスマート農業実証コンソーシアム」現地検討会および中間推進会議を開催(岩手県岩手町)

 9月2日(月)、「アンドファームスマート農業実証コンソーシアム」の主催で、現地検討会と中間期の推進会議が開催された。 「現地検討会」  午前に(株)アンドファームの実証圃場において行われた検討会では、はじめに八幡平農業改良普及センターの中 … 全文を読む>>

第2回神崎町スマート農業実証プロジェクト研究会推進会議を開催

2019年9月20日

第2回神崎町スマート農業実証プロジェクト研究会推進会議を開催

 9月13日千葉県神崎町の神崎町役場会議室において第2回スマート農業実証プロジェクト研究会推進会議が開催され、関係機関から約20名の参加があった。  はじめに農事組合法人神崎東部の大原代表理事からの挨拶で、収穫期の台風15号の来襲で、収穫乾 … 全文を読む>>

コンソーシアム間の交流会の開催(農事組合法人寄江原(岡山県真庭市)が農事組合法人田原(長野県伊那市)を視察)

2019年9月17日

コンソーシアム間の交流会の開催(農事組合法人寄江原(岡山県真庭市)が農事組合法人田原(長野県伊那市)を視察)

 SDGs未来杜市真庭スマート農業オープンラボ(岡山県真庭市)は、スマート農業の推進にあたり、"同じ中山間地という条件で、集落営農法人が牽引役となって地域の特徴を活かした営農を推進している地域との交流をしたい"という目的で、8月22日(木) … 全文を読む>>

第2回津軽西北地域スマート農業実演会並びに推進会議(中間検討会)の開催

2019年8月22日

第2回津軽西北地域スマート農業実演会並びに推進会議(中間検討会)の開催

~冷害を回避し多収を実現する大規模水田作スマート農業の実証(津軽西北地域)~  7月25日(木)、青森県北津軽郡中泊町の(株)十三湖ファームの実証圃場において、地区の農業者、関係機関を参集し、「第2回津軽西北地域スマート農業実演会並びに推進 … 全文を読む>>

スマート農業技術の開発・実証プロジェクト現地研修会を開催 「SDGs未来杜市・真庭スマート農業オープンラボ」

2019年8月19日

スマート農業技術の開発・実証プロジェクト現地研修会を開催 「SDGs未来杜市・真庭スマート農業オープンラボ」

 7月30日、「SDGs未来杜市・真庭スマート農業オープンラボ」は、農業者・関係機関等に広く情報発信し、事業の理解を深めることを目的に室内研修会及び現地研修会を開催、約280名という多くの参加者が集まった。  室内研修会では、まず挨拶として … 全文を読む>>

GNSSを活用した大豆の培土作業実演会を開催(秋田県大館市)

2019年8月 8日

GNSSを活用した大豆の培土作業実演会を開催(秋田県大館市)

 大豆栽培では、播種時の畝間隔の不均一や畝の蛇行等により、中耕培土の精度が低くなることが雑草発生要因となり、余計な除草剤散布や手取り除草などの発生、また、収量・品質低下を招く事例が散見されてきた。  そこで、秋田県北秋田地域振興局農林部農業 … 全文を読む>>

(農研機構)「スマート農業実証プロジェクト」のウェブページを開設

2019年8月 6日

農研機構は、農林水産省事業の「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」(平成30年度補正予算)及び「スマート農業加速化実証プロジェクト」(令和元年度予算)の事業実施主体として、その推進を担っている。プロジェクトの水田作、畑作、露地野菜・花き、施設園芸、果樹・茶、畜産の6つの体系 … 全文を読む>>