農業のポータルサイト みんなの農業広場

広島県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内17例目)

2020年12月 7日

12月7日、広島県三原市の養鶏場2農場において、家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(今シーズン国内17例目及び17例目の関連農場)が確認された。本発生は、広島県における今シーズン初めての発生となる。


農場所在地:広島県 三原市
飼養状況 :採卵鶏(約8.1万羽)
疫学関連農場(採卵鶏:約5.3万羽)


詳細はこちらから

「トピックス」一覧に戻る

ソーシャルメディア