農業のポータルサイト みんなの農業広場

「トピックス」一覧に戻る

香川県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜を確認(国内3例目)

2020年11月11日

11月10日、香川県は家きんの死亡羽数増加の通報を受け、当該農場への立入検査を行った。死亡鶏について簡易検査を実施したところ、陽性を確認。11日に遺伝子検査を実施した結果、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜であることが判明した。
当該農場は、11月5日に高病原性鳥インフルエンザ(本年国内1例目)が発生した同市の養鶏場から半径3km以内に位置している。


詳細はこちらから

ソーシャルメディア