農業のポータルサイト みんなの農業広場

「トピックス」一覧に戻る

令和元年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移及び米穀販売事業者における販売数量・販売価格の動向について(令和2年7月末現在)

2020年9月 1日

農林水産省は、令和元年産米の「産地別契約・販売状況(令和2年7月末)」、「民間在庫の推移(令和2年7月末)」及び「米穀販売事業者における販売数量・販売価格の動向(令和2年7月末)」について取りまとめた。


●令和2年7月末現在の全国の集荷数量は295万t、契約数量は285万t、販売数量は222万t。
●令和2年7月末現在の全国の民間在庫は、出荷・販売段階の計で119万t。
●令和2年7月末現在の米穀販売事業者における販売数量・販売価格の動向は、販売数量は前年同月比95.3%(うち小売事業者向けは前年同月比103.2%、中食・外食事業者等向けは前年同月比86.0%)。また、小売事業者向けの販売価格は前年同月比100.6%、中食・外食事業者等向けの販売価格は前年同月比99.8%となっている(速報値:米穀販売業者が販売している精米の全体数量・価格の動向を指数化したもの)。


詳細はこちら
から