農業のポータルサイト みんなの農業広場

「トピックス」一覧に戻る

令和2年産水稲の8月15日現在における作柄概況

2020年8月28日

東日本を中心とした早場地帯(19道県)の作柄は、北海道及び東北はおおむね「やや良」、その他の地域は「平年並み」又は「やや不良」の見込み。これは、一部地域で7月の低温・日照不足等の影響が見込まれるものの、田植期以降はおおむね天候に恵まれたことにより、全もみ数が一部を除き平年並み以上に確保されるとの見込みによる。


詳細はこちらから