農業のポータルサイト みんなの農業広場

「トピックス」一覧に戻る

国内産農産物における農薬の使用状況及び残留状況調査の結果について(平成30年度)

2020年5月18日

農林水産省は、農薬の適正使用を推進し、安全な農作物の生産に資すること等を目的に、農家における農薬の使用状況及び生産段階における農産物での農薬の残留状況について調査を実施しているが、このたび平成30年度の国内産農産物における農薬の使用状況及び残留状況について取りまとめ、ホームページに掲載した。


●農薬の使用状況について
476戸の農家に対し、記入簿への記入又は聞き取りを行うことで農薬の使用状況を調査した。その結果、調査した農家(476戸)のうち、1戸の農家で、使用量が適切でなかった事例が確認された。残りの475戸においては、農薬が適正に使用されていたことが確認された。


●農薬の残留状況について
476検体の農産物について、のべ2,896種類の農薬と作物の組合せの残留状況を調査した。その結果、不適正な使用のあった農家における1検体を含む2検体(こまつな及びにんじん)が、食品衛生法に基づく残留基準値を超える農薬を含んでいた。その他の検体は、残留基準値を超えていなかった。


その他、詳細はこちらから