農業のポータルサイト みんなの農業広場

「トピックス」一覧に戻る

(農研機構)ため池の耐震診断を低コスト・短期間で行える手法-本格的な詳細診断の要否を判断-

2019年12月20日

農研機構は、一般的な土質試験だけで強度低下を推定するモデル(以下、強度低下モデル)を作成し、地震時のため池沈下量を予測する手法「SIPニューマークD法」を開発した。
この手法は、「ため池防災支援システム」に組み込まれ簡易な条件設定で概略的な診断(一次スクリーニング)を行うことが可能な「サーバー版耐震診断システム」と、より具体的な詳細な条件設定が可能なPC版ソフトウェア「SIP-NewD」(二次スクリーニング)の2種類がある。低コストかつ短期間での耐震診断が可能で、本格的な「詳細診断」が必要なため池の絞り込みに利用できる。


詳細はこちらから