農業のポータルサイト みんなの農業広場

「トピックス」一覧に戻る

令和2年産さとうきび・でん粉原料用かんしょに係る生産者交付金の単価が決定

2019年12月 9日

農林水産省は、「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」に基づき、令和2年産のさとうきびに係る甘味資源作物交付金及びでん粉原料用かんしょに係るでん粉原料用いも交付金単価を決定した。


●令和2年産のさとうきびに係る甘味資源作物交付金の単価は、1,000kgにつき、16,860円(対前年+130円/t)。
●令和2年産のでん粉の製造用に供するかんしょに係るでん粉原料用いも交付金の単価は、アリアケイモ、コガネセンガン、こないしん、コナホマレ、こなみずき、サツマアカ、サツマスターチ、シロサツマ、シロユタカ、ダイチノユメ、ハイスターチ及びミナミユタカは、1,000kgにつき26,890円(対前年+280円/t)。その他の品種については、1,000kgにつき24,230円(対前年+270円/t)となった。


詳細はこちらから