農業のポータルサイト みんなの農業広場

「トピックス」一覧に戻る

(東北農業研究センター)近年東北地方を中心に被害が拡大しているキュウリホモプシス根腐病の伝染源の解明と防除対策の策定

2008年7月15日

(独)農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センターは、近年被害が拡大しているキュウリホモプシス根腐病について、病原菌は土壌中で生存して伝染源になることや、菌密度がかなり低くても根に感染することなどから、病気が発生している畑から未発生畑に病原菌を持ち込まない対応が重要であることを明らかにした。


詳細はこちらから