農業のポータルサイト みんなの農業広場

「注目の農業技術」一覧に戻る

(農研機構)気候変動による水稲の収量や外観品質への影響は従来の予測以上に深刻

2021年7月20日

農研機構は、屋外での栽培実験の結果に基づいて、高温と高CO2の複合的な影響を考慮した水稲の生育収量予測モデルを構築し、これを用いて気候変動による国内の水稲(コメ)の収量および外観品質への影響を予測した。その結果、従来のモデルによる予測と比べ、最新のモデルではコメの収量の減少や、外観品質の低下がより早く深刻化することが分かった。
本成果は、このような被害を軽減するために生産現場で必要とされる高温耐性品種や栽培管理技術の導入の目安、および国・自治体による気候変動適応計画の策定や更新の際の重要な基礎情報となる。


詳細はこちらから

ソーシャルメディア