農業のポータルサイト みんなの農業広場

(国際農研ほか)スーパー作物キヌアの遺伝子機能解明への道を切り拓く-優れた環境適応性や栄養特性の謎を解き、作物開発を加速化-

2021年3月24日

国際農研などの共同研究グループは、2016年に世界で初めてキヌアのゲノムを解読し、2020年には、キヌア系統の多様性を明らかにした。これらの成果をもとに、新手法を用いて、キヌア遺伝子の働きを調節することにより、キヌアの葉や茎などの色や背丈、花の形などを制御することに成功した。
この技術の開発によって、個々のキヌアの遺伝子の機能や役割を調べることが可能になり、キヌアの持つ優れた栄養特性や高い環境適応性に関わる機構の解明に道が拓かれた。本研究の成果により、原産国のボリビアなどの南米諸国のみならず、我が国を含む100カ国以上に普及しつつあるキヌアの栽培国において、優れた栄養特性を持ち過酷な環境に適応できるスーパー作物キヌアの品種開発が加速化し、世界の食料安全保障や栄養改善、飢餓の撲滅に貢献することが期待される。


詳細はこちらから

「注目の農業技術」一覧に戻る

ソーシャルメディア