農業のポータルサイト みんなの農業広場

「注目の農業技術」一覧に戻る

(農研機構)フレッシュ感のあるたくあん漬けを製造できるダイコン「令白」-収量も良く、漬物加工用に最適-

2020年7月27日

農研機構と渡辺農事(株)は、たくあん漬け原料に適した品種「令白(れいはく)」を育成した。
「令白」はたくあん漬けの"たくあん臭"や黄変に関係する"黄色成分"の元となるグルコラファサチンを含まない品種。 「令白」は、先行品種の「悠白(ゆうはく)」に比べて根の揃いが向上し、加えて、根の形状がきれいな円筒形であるため、たくあん漬け原料としての歩留りに優れ、また、秋播き秋冬どりの作型に適している。 種子は2020年7月下旬から渡辺農事(株)から試験配布される。


詳細はこちらから