農業のポータルサイト みんなの農業広場

「注目の農業技術」一覧に戻る

高温でも容易に着色する極大粒のブドウ新品種「グロースクローネ」

2018年2月19日

農研機構は、夏季の気温が高い西南暖地においても良好な着色(濃い紫黒色)が得られるブドウ「グロースクローネ」を育成した。
「グロースクローネ」は、「巨峰」や「ピオーネ」の着色が困難な地域でも良好な着色が得られ、種なし栽培が可能で、「巨峰」、「ピオーネ」とほぼ同時期に収穫できる極大粒品種となっている。苗木は平成30年秋から販売される見込み。


詳細はこちらから