農業のポータルサイト みんなの農業広場

「注目の農業技術」一覧に戻る

干しいも用品質・収量が優れる 加工用サツマイモ新品種「ほしこがね」

2013年2月18日

-干しいもの品質・生産性向上に貢献-


農研機構 作物研究所は、干しいも加工用として、いもの形状、品質及び収量性が良好なサツマイモ品種「ほしこがね」を育成した。「ほしこがね」の干しいもの食味は、主要品種である「タマユタカ」並み又はやや優れ、黄色みを帯びた美しい肉色が特徴。また、干しいもが白く不透明になることで、商品価値がなくなる「シロタ」の発生がほとんどない。原料いもの収量が高く、加工歩留まりが高いため、干しいもの生産コスト低減に貢献することが期待される。


詳細はこちらから

ソーシャルメディア