農業のポータルサイト みんなの農業広場

「注目の農業技術」一覧に戻る

根こぶ病と黄化秒に抵抗性のハクサイ新品種「あきめき」

2011年10月14日

農研機構 野菜茶業研究所と(株)日本農林社は、DNAマーカーを活用した選抜により、ハクサイの主要な土壌病害である根こぶ病と黄化病に抵抗性をもつハクサイ新品種「あきめき」を育成した。 ハクサイ産地では、ハクサイの主要な土壌伝染性の病害である根こぶ病と黄化病の発生が大きな問題となっている。「あきめき」は、根こぶ病に強い抵抗性と黄化病に中程度の抵抗性があるため、防除におけるコスト削減及び薬剤処理に要する労力の軽減が期待される。


詳細はこちらから

ソーシャルメディア