農業のポータルサイト みんなの農業広場

提案一覧に戻る

野菜

たまねぎ機械化一貫体系技術確立に関する実証調査(栃木県 平成28~29年度)

背景と取組みのねらい

 栃木県真岡市のたまねぎ生産は、国の野菜指定産地となっており、栽培面積、出荷量ともに県内有数の産地である。しかし、生産者の高齢化によりたまねぎの定植、拾い上げ等の収穫作業の負担が課題となっている。このため、一部の生産者は、半自動移植機を導入するなどの対策を始めたものの、依然として大半は手作業で行われており、機械化による省力的な栽培体系は普及しておらず規模の拡大が進んでいない。
 そこで、面積拡大による産地づくりを推進するため、全自動移植機導入に向けたセル育苗技術と定植から調製作業までの効率的な作業体系を確立し、生産者の労力軽減を図る。本実証調査において機械作業による軽労化評価を行い、経営的特徴を明らかにすることとした。

対象場所

●栃木県真岡市
h29_sys_tochigi_map.jpg

 真岡市は栃木県の南東部に位置し、東方に八溝山系があり、利根川水系(鬼怒川・小貝川・五行川など)の豊富な水に恵まれた地域である。平均降水量は1275.9mm、年間平均気温は13.0℃(真岡観測地点1981~2010年)で、農業生産に適した気候である。
 交通は、東京から100km圏内に位置し、国道4号・294号123号等の幹線国道、それらを結ぶ主要県道、さらに、北関東自動車道の開通による東北自動車道・常磐自動車道とのアクセスが確保されたことに伴う輸送時間の短縮化など、流通基盤は整っている。
 農業生産の動向については、県内でも有数の農業地帯であるが、農家数・栽培面積とも減少傾向にあり、生産者の高齢化が進んでいる。園芸作物については、日本一のいちごを始め、なす・トマト・なし等多岐にわたり、生産額は増加している。

実証した作業体系(作業名と使用機械)


h29_sys_tochigi_hyo.jpg

耕種概要

●栽培基準
h29_sys_tochigi_1.jpg

●試験区の構成
h29_sys_tochigi_2.jpg

作業別の能率と効果

播種能率と効果
 h29_sys_tochigi_i1.jpg
全自動播種機

 h29_sys_tochigi_i2.jpg
播種精度の確認


・慣行の播種(ごんべえ使用)で、のべ作業時間3.0時間だったものが、全自動播種機利用では1.6時間と、短縮された。

●型式
全自動播種機(OSE-10A)

移植能率と効果
 h29_sys_tochigi_i3.jpg
畦立て・マルチ展張

 h29_sys_tochigi_i4.jpg
全自動移植機


・培地にソリッド培土を用い、根止めシートを使用したため、培地内での根巻きが良好で、固化剤なしで十分、定植に対応できた。
・10a当たりの作業時間は1.5時間と、作業時間短縮と軽労化には最も効果が高かった。ただし、セル苗生産時の欠株が2割発生したため、手作業による補植に10.4時間/10aかかり、補植作業も含めると軽労化には課題が残った。

●型式
管理機(TA1250N-L3W)
畝成形機(FRH180-EL)
マルチ被覆装置(CHM180-E2)
全自動移植機(OPK4)

収穫・拾い上げ能率と効果
 h29_sys_tochigi_i5.jpg
茎葉切断

 h29_sys_tochigi_i6.jpg
マルチはぎ

 h29_sys_tochigi_i7.jpg
根切り機

 h29_sys_tochigi_i8.jpg
ピッカーによる拾い上げ


・OH-4MSの本来の能力は、茎葉切断、裾はがし、掘り起こしの3作業を同時に行うことが可能であるが、マルチやたまねぎの食い込みによるロスが多かったため、今回OH-4MSでは茎葉切断のみ行った。
・茎葉切断から拾い上げる作業に10a当たり7.7時間と作業時間短縮につながった。

●型式
歩行型たまねぎ収穫機(OH-4MS)
マルチはぎ機(DR202+DR-SA2)
根切り機(TK2-1)
ピッカー(KOP-1000)
調整能率と効果
 h29_sys_tochigi_i9.jpg
調製機による根切り・葉切り

 h29_sys_tochigi_i10.jpg
調製機による根切り・葉切り
(切り直し)


・根切り・葉切り作業が最も手間がかかる作業で、NOTM-1-5による作業時間は10a当たり26.4時間と手作業の約半分に短縮できた。
・ただし、残った茎葉の長さが5cm程度の短い物は、葉や根が着いたまま調製機から出てきてしまうため、手作業による切り直しが必要になった。
・また、直径が11cm以上の大きいものは調製機内で詰まってしまうため、手作業で根切り葉切り作業を行った。

●型式
調製機(NOTM-1-5)

(写真・図をクリックすると拡大します)

成果

1.実証区は、セル育苗+全自動移植機(マルチあり)+収穫調製作業の機械化、慣行区は、地床育苗+半自動移植機(マルチなし)+手作業による収穫調製とした。
2.セル育苗では育苗中の乾燥等により2割程度の欠株が発生し、定植後の補植作業に10.4時間/10aと多くの時間を要した。
3.可販収量は、実証区で一球重が重かったため、慣行区よりも46%多かった。慣行区ではマルチがないため定植後の乾燥の影響を受けたこと、雑草の繁茂により球肥大が悪かったことから、収量が実証区よりも少なかったと考えられた。

表1 移植時の苗質調査
h29_sys_tochigi_h2.jpg

表2 収量・品質調査
h29_sys_tochigi_h1.jpg

h29_sys_tochigi_i11.jpg
上段:慣行区、下段:実証区

4.実証区では、定植、収穫、調製作業において多くのたまねぎ用の機械を要し、減価償却費が増加したが、80a以上の作付面積で経営的メリットが得られると試算された。
5.作業時間は、実証区で97.2時間/10a、慣行区で143.0時間/10aとなり、時間を32%短縮でき、軽労化も図ることができた。

h29_sys_tochigi_z2.jpg
図1 作付面積の変化による軽労化の効果について(1.1haまでの場合)
※実証体系Pとは、労働強度の軽労化を金額に換算し算出したもの



h29_sys_tochigi_z1.jpg
図2 作業時間(時間/10a)

実証した作業体系について

●全自動移植機による定植は、健苗率の高いセル苗の生産ができれば、作業性に問題ないと考えられた。
●マルチがあることで除草、中耕作業の労力軽減は図れたが、茎葉切断、裾はがし、マルチはぎのための機械を要し、マルチが絡む等の作業効率の低下にもつながった。
●調製機による根切り葉切り作業については、投入するたまねぎの状態によって大きく作業時間に影響することが分かった。収穫機による茎葉切断の長さが5~10cm、調製機による茎葉の長さの推奨が15cm以上と、機械化体系を組む上で機械性能上の課題があると感じた。

今後の課題と展望

●セル育苗において欠株率を低減できるよう自動灌水装置の導入等の技術向上を図っていく。
●マルチの有無によって大きく作業体系や作業効率が変わってくることから、マルチなしや生分解マルチの利用等を含めて、より効率の良い機械化体系を提案していきたい。
●今回の作業体系では根切り・葉切りの調製機の能力が面積拡大のネックになると考えられ、調製機の高性能化や機械化体系を図る上で収穫機と調製機の連動性の改善が必要と思われた。


(平成28~29年度 栃木県芳賀農業振興事務所、栃木県農政部経営技術課)