農業のポータルサイト みんなの農業広場

「商品お役立ち情報」一覧に戻る

アントシアンフリーのブロッコリー2品種の種子を発売

2019年5月31日

サカタのタネは、アントシアンフリーで低温伸長性に優れ、厳寒期でも高品質なブロッコリーの安定出荷を可能とする画期的なブロッコリーの新品種『こんにちは』『こんばんは』の種子を2019年6月下旬から発売する。


sakata_201905buro.jpg


ブロッコリー『こんにちは』の特徴
●花蕾にアントシアンが発生しない、低温伸長性に優れる
●播種後105~110日で収穫できる中生品種で、温暖地(一般地)の8月上~下旬播種で、11月中旬~1月どりの作型に適する
●草姿は立性で、草勢はやや強く、花蕾位置はやや低い
●花蕾は小粒、濃緑色で極ドーム形、花蕾形状の安定性が高い
●販売に先駆けて行った試験栽培では、「花蕾の色が濃くて品質がよい」、「「おはよう」と併用することで収穫時期が分散できた」など高評価を獲得
●第66回全日本野菜品種審査会一等特別賞受賞


ブロッコリー『こんばんは』の特徴
●花蕾にアントシアンが発生しない、低温伸長性に優れる
●播種後150日前後で収穫できる晩生品種で温暖地(一般地)では8月中旬、暖地では8月中~下旬ごろの播種で1~2月どりの作型に適する
●草姿は立性で、草勢はやや強く、花蕾位置はやや低い
●花蕾は小粒、濃緑色で極ドーム形、花蕾形状の安定性が高い
●販売に先駆けて行った試験栽培では、「厳寒期でもよく肥大し、育てやすい」、「花蕾が小粒で濃緑でよい」など高評価を獲得


詳細はこちらから