農業のポータルサイト みんなの農業広場

「商品お役立ち情報」一覧に戻る

レタスの種子市場のシェア奪取へ、3品種を開発し種子を発売

2015年7月17日

サカタのタネは、レタスの新品種『フリフリッカー』『ツインセット』『インターセプト』の3品種を開発し、種子を発売する。


sakata_201507_lettuce.jpg


サカタのタネは、2014年に結球レタスの新ブランド「セレブレーション」シリーズを立ち上げ、冬どり用の品種「オーディブル」を発売したが、今回、レタス生産のメーンである高冷地での夏どりタイプをはじめ、秋どりや幅広い作型に対応できるタイプなど計3品種を追加し、ラインアップを大幅に拡充。いずれも育てやすさと形のよさなどが特徴となっている。


詳細はこちらから