農業のポータルサイト みんなの農業広場

家庭菜園編/農作業便利帖

エダマメ (マメ科)

栽培のポイント

edamame_image3.jpg
●エダマメは大豆の未熟な子実の状況で収穫するもので、専用の品種を使います
●肥料は、リン酸肥料を多く、窒素肥料は少なめにします。根に根粒菌が着生し、大気中のチッソの吸収が可能です
●乾燥すると、莢の充実が不十分になる場合があるので、保水力のある土づくりをしましょう
●収穫遅れにならないよう、やや若莢で収穫します

品種

エダマメは夏大豆と称される品種が主になります。

●極早生~早生種 :
奥原早生、夏の調べ、天ヶ峰、ビアフレンド、いきなまる、白獅子、サッポロミドリ、おつな姫、黒豆の早生黒頭巾、夏の装い など

●中早生~中生種 :
とびきり、夏の声、富貴、湯あがり娘、夕涼み、福獅子、快豆黒頭巾 など

栽培ごよみ

2021edamame_hyo.jpg 
 (中間地) 

苗づくり

edamame_image1.jpg  

苗を仕立てて植え付けることで、徒長を抑えます。
発泡スチロールの空き箱などに土を入れ、そこにバラまきにするか、3cm間隔でタネをまきます。
1cmの覆土をしてからかん水し、濡れ新聞紙をかけておきます。
植付けの適期苗になるまでには、14日~20日ほどかかります。
 

畑の準備

2021edamame_image2.jpg
 ※熔成リン肥のリン酸は土壌中に残るため、栽培を始めた1~2年は施用し、その後は不要です。

植付け

初生葉が展開し、本葉が出始めた頃が植付け適期です。
根をなるべく切らないように苗をとり、子葉が埋まらないように植え付けます。 
植付け後、土が乾燥している場合は、十分にかん水をします。 
適期苗の大きさを過ぎて、老化苗になるほど根つきが悪くなるので、気をつけましょう。
ポリマルチを使用する場合は、スイートコーンなどに使用される規格(9230)のマルチを用いて、1穴に1~2株を植えます。

edamame_image1-1.jpg 

追肥と土寄せ

植付け後、1か月ほどしたら追肥をおこないます。
有機質肥料(6-6-6)を、1㎡当たり30g畦の肩に施し、軽く土寄せします。 
開花後、莢が大きくなる頃に土が乾燥していたら、かん水します。

edamame_image5.jpg

主な病害虫

●主な害虫
アブラムシ、カメムシ類、タネバエ、ハダニ類、ダイズサヤタマバエ
●主な病害
べと病、灰色かび病、モザイク病、立枯病


ダイズアブラムシモザイク病べと病
左から上から :ダイズアブラムシ / モザイク病 / べと病 
(提供 :梶原敏宏氏) 

着果の仕方

3~5節以上の各節に、1~3個の莢がつきます。
窒素が多く、光が不十分だと、着莢しない節が出てきます。
3粒莢の多いエダマメをつくりましょう。

収穫

edamame_image4.jpg
開花後、莢がついてから約30日経過すると、収穫期を迎えます。
収穫後は、時間の経過とともに、鮮度低下が始まります。なるべく早く調理し、食べるようにしましょう。

◆家庭菜園に関する、その他の情報はこちらから

saien.png


「家庭菜園編」に戻る

ソーシャルメディア