提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


手摘みの果実をていねいに加工。直営店(カフェ)で生果も加工品も味わってほしい

2019年9月 3日

堀内俊孝さん(奈良県五條市 株式会社堀内果実園)                   奈良県吉野は古くから林業の盛んな地域で、吉野杉は秋田杉、木曽檜と並び日本三大美林の一つとされている。吉野川流域は口吉野と呼ばれ、十津川流域の奥吉野と合わ … 全文を読む>>

人々に求められる有機農産物の安定供給に挑戦。有機JAS認証の加工品にも取り組む

2019年8月 1日

澤村輝彦さん(熊本県宇城市 有限会社肥後あゆみの会)    有限会社肥後あゆみの会は、平成13年10月に設立。設立当初は柑橘農家4戸、野菜農家2戸の6家族で、有機栽培で自立できる農業をめざして設立した。除草剤、化学肥料を使わず、土壌消毒も … 全文を読む>>

イチゴの規格簡素化、パック技術の向上で大規模化と労働時間短縮の両立を実現

2019年7月11日

池松洋一さん(熊本県八代市 池松農園) "八代は球磨川の賜物"  熊本県南部に広がる八代平野は江戸時代から昭和40年代にかけて断続的に干拓事業が行われ、実にその3分の2を干拓地が占める。また、日本三大急流に数えられる球磨川が定期的に氾濫を … 全文を読む>>

牛乳とヤギ乳のチーズを展開! 牧場仕込みのこだわりのチーズを作り 那須町の活性化に貢献したい

2019年7月 2日

髙橋雄幸さん (栃木県那須町 有限会社那須高原今牧場)  那須連山のふもとに広がる人気の観光地、那須高原で、酪農を営んでいる有限会社「那須高原今(いま)牧場」。その一角に、髙橋雄幸さん、牧場主の次女であるゆかりさん夫婦が立ち上げたチーズ工 … 全文を読む>>

地域の米と野菜や果物で加工品づくり 地の利を生かし"お母ちゃんの味"を届ける

2019年6月 5日

左から2番目が久保充己さん (大阪府和泉市 有限会社いずみの里)  泉州地方は大阪府南部の温暖な気候の地域。有限会社いずみの里の拠点「道の駅いずみ山愛(やまあい)の里」がある和泉市は、中部と北部に丘陵地が伸び、南部には和泉山脈の裾野が広が … 全文を読む>>

直売所と農園で農産物の入口から出口までをプロデュース

2019年5月13日

 (株)クボタは、自社が持つハードとソフトを活用し、省力・低コストや精密技術を実践する場として、全国13カ所で「クボタファーム」を展開している。  1都9県を担当する(株)関東甲信クボタは、クボタファームの一環として、2013年に「おれん家 … 全文を読む>>

神奈川県初の小ロット、多品目農産物加工への挑戦

2019年5月 7日

瀬戸利彦さん (神奈川県平塚市 社会福祉法人進和学園 しんわルネッサンス)  日本三大七夕まつりの開催地として知られる、神奈川県平塚市。その北西部、富士山を正面に望む小高い丘に、社会福祉法人・進和学園の事業所の一つ、「しんわルネッサンス」 … 全文を読む>>

レストラン・カフェ「花茶」を拠点に、都会の人と生産者をつなぐ

2019年4月25日

小栗美恵さん (北海道千歳市 (有)ファーム花茶)  北海道の新千歳空港から車で30分弱走ると、農村風景の中に「花茶」の建物が見えてくる。洋風の建物にはウッドデッキがあり、黄色い壁がとてもおしゃれだ。  女性起業の草分けである「花茶」は … 全文を読む>>

かわいらしいパッケージとユニークな商品がSNSで人気。自ら販路を開拓しチャンスをつかむ

2019年4月 1日

菱沼 健一さん (福島県福島市 (株)菱沼農園)  「のむもも」「りんご蜜」。SNSや女性誌などで話題を集めている商品である。福島県オリジナル品種の「はつひめ」や「ふくあかり」など12品種のモモをそれぞれジュースにした「のむもも」、リンゴ … 全文を読む>>

露地野菜の生産から加工まで一貫で経営。収穫機の導入で産地を維持したい

2019年3月15日

税所篤朗さん、税所篤さん(宮崎県小林市 (有)丸忠園芸組合) 早くから加工業務用野菜生産に取り組む  宮崎県小林市は鹿児島県との県境にそびえる霧島連山の北に位置する。(有)丸忠園芸組合(以下、丸忠園芸)のある小林市北西方は標高300mほど … 全文を読む>>