提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


自家製の麹、米粉を使って味噌やスイーツを手作り! 体験工房も備え、地域の憩いの場へ

2021年4月 2日

左から 寺坂康夫さん、長女のさくらさん、三男の大地さん、奥様の律子さん(福井県越前町 あさひ愛農園) 「子どもに安全なものを食べさせたい」と就農を決意  福井県越前町は、嶺北地方の西端に位置する人口約2万1000人の町。2005年に4つの … 全文を読む>>

クラスター事業も交え、特産品「木頭ゆず」の販路拡大を目指す

2021年3月 3日

榊野瑞恵さん (徳島県那賀町 有限会社柚冬庵)  徳島県那賀町木頭は、高知県との県境に近い山間地。古くから盛んであった林業が衰退してからは、自生していたゆずの栽培を手がけるようになった。徳島県産ゆずは全国第2位の生産量。なかでも「木頭ゆず … 全文を読む>>

心も体もぽかぽかあったまる。ショウガを通して農の楽しさを発信したい

2021年2月 4日

松本綾子さん(長崎県島原市 (株)人作(松本農園))  雲仙普賢岳を遠くに望む長崎県島原市長貫町の広大な畑作地帯、収穫期を迎えたショウガのハウスに松本綾子さんを訪ねた。  「1株抜いてみましょうか?」  次の瞬間、黒々とした土の中から、つ … 全文を読む>>

夏季の沖縄で高糖度トマトを生産~クボタファーム糸満の挑戦~

2021年1月19日

 (株)クボタは、自社が持つハードとソフトを活用し、省力・低コストや精密技術を実践する場として、全国13カ所で「クボタファーム」を展開している。  沖縄本島の最南端に位置する糸満市の「クボタファーム糸満」(以下「ファーム」)は、(株)クボタ … 全文を読む>>

旨みと脂の甘みが評判の「小江戸黒豚®」 素材を生かした加工品作りと飲食店を展開

2021年1月 5日

大野賢司さん (埼玉県川越市 有限会社大野農場) 良質の黒豚を生産し市場での差別化を図る  東京都心から約1時間、江戸時代の城下町として栄え、「小江戸」の愛称で知られる埼玉県川越市。街には風情ある蔵造りの建物が建ち並び、近年は国内だけでな … 全文を読む>>

一頭一頭やさしく丁寧に育てた牛たちをおいしく食べてもらいたい!

2020年12月 3日

松本しのぶさん、一則さん (三重県多気町 有限会社松本畜産)  三重県の中央部、多気町は山々に囲まれた町で、古くから熊野街道、伊勢街道などが通る交通の要衝として栄えてきた。特産品は松阪牛で、中でも兵庫県産の子牛を仕入れ、松阪牛生産区域で9 … 全文を読む>>

サツマイモ輸出のトップランナー、くしまアオイファームの取り組み

2020年11月10日

池田 誠さん (宮崎県串間市 株式会社くしまアオイファーム) サツマイモの輸出シェア36%超  宮崎県の最南端に位置する串間市では、"赤ほや"と呼ばれる水はけのよい火山灰土壌の台地で古くからサツマイモの栽培が行われ、日本有数の産地となって … 全文を読む>>

育てる、親しむ、味わう。わざわざ来てくれる人たちに、ここだけの果樹体験を

2020年10月 5日

松木 実さん(福岡県みやこ町 有限会社 松木果樹園)  「さぁ、乗ってください。園内を案内します」。園主の松木実さんに促されて乗り込んだのは、軽トラックを改造した屋根なしの運搬車。広々とした果樹園を風を切って走り、ブドウ棚の下から、モモの … 全文を読む>>

茶葉から作ったスイーツとともに高知・仁淀川町のお茶をアピール

2020年9月 4日

山中 由貴さん(高知県仁淀川町 株式会社池川茶園)  高知市内から車で小一時間、四万十川と並ぶ清流として知られ、その神秘的な水の色から「仁淀ブルー」とも呼ばれる仁淀川。上流域では約400年前からお茶が作られ、土佐藩主に献上されてきた。水清 … 全文を読む>>

ビジネスとは顧客への満足の提供。行列ができる超人気の農園カフェ

2020年8月 3日

中嶌正子さん (有限会社なかじま園 静岡市葵区)  JR静岡駅から車で30分。周囲に目ぼしい商業施設や学校もない国道沿いの田園風景の中に、行列ができる超人気の農園カフェがある。それが「なかじま園」だ。「信頼を裏切らない」をスローガンに手間 … 全文を読む>>