カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

最近のエントリー

アーカイブ

栃木県大田原市にある前田牧場の毎日をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

効能は分かるけどニオイが(ノ_<)

2017.10.16

今年は天候が不順でしたね。
梅雨時期は雨が少なく、梅雨明けしたら雨が多くて。
こんな気候では当然、野菜の生育にも影響があり、玉ねぎも茎の元が腐ってしまって、出荷できないものが多数ありました。


それを放っておいたら芽が出てきました。
芸術的ですてき!


maeda_492_1.jpg


ヨーロッパでは、眠れない夜には玉ねぎを枕元に置いて寝るとよいと言われていたそうです。
調べて見ると、玉ねぎには精神安定効果があるらしいことがわかりました。
私は不眠症ではないのですが、自律神経失調気味なので、枕元に置いてみました。


2日ほど置いてはみましたが、効果はよく分からず・・。
しかし、部屋の中に玉ねぎ臭が充満したことはたしか。
それは好みではなかったのでやめました。
不眠に悩み、玉ねぎのニオイに耐えられる方、お試しになって、効果のほどを教えていただけませんでしょうか?

お手伝いで学んだこと

2017.10.10

こんにちは!
朝夕と日中の寒暖の差が激しくなり、上着を脱いだり着たり、なかなか調節が難しい季節ですね。
体調管理、気をつけてくださいね!


さて、先日は料理教室のお手伝いに行って来ました。
「焼肉のたれ」といえば知らない人はいない! エバラさんが主催。
地元のスーパーで行われました。


maeda_491_1.jpg


親子でカレーを作ろう! という料理教室で、10組が参加。
残念ながら前田牧場の肉は使用していただけず、野菜の玉ねぎだけでしたが、いずれは私も料理教室をしたいと考えているので、流れやオペレーションなど、お手伝いに入らなければ分からないことがたくさん学べました。


maeda_491_3.jpg


お客さまへの気づかい、商品の説明、スタッフ同士の連携など、さすが上場企業はやることがスマート!
このカレーのPRボード、うちのビーフカレーの宣伝にも役立ちそう!


maeda_491_2.jpg


直接の売上にはつながらないけれど、こういった学びはなかなかできないことなので、貴重な時間となりました。
エバラさんのようにはできないけれど、自分でできることを少しずつ始めてみようかと思います!


夢は叶うもの

2017.09.29

うれしい報告です!
前田牧場の牛肉が、東急ストア様全店でお取り扱いいただけることになりました!


maeda_490_1.JPG


これは直売を始めたときからの夢でした。
私が就農した20年前は、美しいサシが入った和牛肉の人気が高かった時代です。
地方からも、ブランドが続々と出ていました。


私たちが育てるホルスタインは、サシが入りにくい品種の牛なので「国産牛」というくくりで販売され、
自分たちの名前をつけて販売するなど夢のまた夢。
ですが、世の中は少しずつ変化し、いつの間にか赤身肉志向の方が増えてきました。


約15年前、BSEをきっかけに小さな直売店を始めました。
始めてまもなく、都内のお客様から、
「うちの近くの東急ストアにも卸してほしいわ」と要望があり、
いつか必ず、と思いながらコツコツやってきました。
まさか、その東急ストア様とお取引させていただけるなんて!


サシから赤身へ。
食べ物の価値観を変える活動は本当に難しく、辛いときもありましたが、
続けてきてよかったと心から思えます。


今月末には、また嬉しいご報告もできそうです!
これからも頑張りますので、応援よろしくお願いいたします!


初めての◯◯

2017.09.22

今年高校を卒業したばかりの菊地さん。
規格外玉ねぎの処理担当として、がんばってくれています。


maeda_489_1.JPG


先日は地元のお祭りで、ワケあり玉ねぎの詰め放題をさせていただきました。
初めての接客に戸惑いながらも、大きな声で呼び込みをがんばってくれました。


自分が下処理した玉ねぎをお客さまが楽しそうに詰めているのが嬉しかったらしく、
いつもより、顔がハツラツ(^^)


そのおかげで、販売目標は10コンテナでしたが、
なんと!
31コンテナも販売できました。


菊地さん、お疲れさまでした!
あと、3tがんばりましょう~!

何をおいても稲刈りです!

2017.09.19

こんにちは!


台風18号が日本に近づいていますね。
私の住む関東北部にくるのは18日ころの予報。


本日は打ち合わせが入っていましたが、
「台風がくる前に稲刈りを終わりにしたいので」
ということでキャンセルになりました。


maeda_488_1.JPG


今は何をおいても稲刈りが優先!
被害が最小限ですみますように。

このページの先頭へ