カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

最近のエントリー

アーカイブ

栃木県大田原市にある前田牧場の毎日をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

「らしさ」という演出

2020.03. 2

こんにちは!
今年は例年にない暖かさで、冷え性の私にとっては過ごしやすい冬でした。
雪も降らず、スタッドレスタイヤが活躍できなかったのは、少し寂しいような気もします。


さて、先日東京で、取引銀行主催の販売会に参加してきました。
そこで、写真のカゴ入り甘露煮を発見!


maeda_571_1.jpg


カゴと筆文字で書いた「鮎」の字が川魚のイメージにマッチしていて、遠くからでも目をひき、すてきでした!
手に取り、誰かにプレゼントしたくなるパッケージ。
やはり、あっという間に完売!


鮎の甘露煮、一般的販売されているのは、真空になっていて茶色で、見た目が地味です。
しかし、入れ物を工夫するだけで、こんなにイメージアップするなんて驚きました
お客様が買いたくなる演出は、おいしさと同じくらい大切なものですね!


さて、自分たちの商品に、どのように置き換えられるでしょうか?
考えてみます!

このページの先頭へ