カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

最近のエントリー

アーカイブ

栃木県大田原市にある前田牧場の毎日をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

晴れの日の食卓で

2019.05.31

こんにちは(*^-^*)
年号が令和に変わってから1か月経ちましたね~。
何か変化はありましたか?
私は、お正月が2回きたつもりで仕切り直す! と決めていたので、年末までのスケジュールを見直した1か月となりました。


さて先日、エピナール那須という大型リゾートホテルで、チーズ職人の国際的組織ギルドクラブジャポンの叙任式が執り行われました。ギルドとはこちらをご参考にしてください。


今回、3名の方が認定を受けました。
その叙任式のメイン料理に、前田牧場の赤身肉が採用されたのです!
地元には、他にも有名な和牛があるのにです!
もしかすると、私が出席するから配慮していただいたのかしら?


maeda_558_1.jpg


とにかく、そうであってもなくても、このすばらしいお祝いの席で大勢の方に召し上がっていただく機会を与えてもらえたこと、本当にありがたく、感謝の気持ちでいっぱいになりました。


「おいしいお肉でした」と、私の席までお声をかけに来てくださった方もいらっしゃって、もォ~感激!!
市場での価値はまだまだ低いままですが、一人一人確実にファンができていることを確信しながら、これからも肉用ホルスタインのおいしさを伝えていきます(*^-^*)
応援よろしくお願いいたします!

考えよう~♪ 知恵を出そう~♪

2019.05. 8

こんにちは!
連休は楽しい思い出づくりができましたか?


私は、まる1日休んだのは27日土曜日だけ。
でも、数日は中抜けしてイベントに参加したり、それなりに連休を楽しみましたよ。
そんな中、一番充実したのは事務所での一人会議。
取引業者様も直売所以外はほとんど休業してますし、事務スタッフも10日連休中の出勤は3日だけなので、事務所内で延々とやりました。


「そもそも何のためにやってるの?・・・本当に必要なのかな?・・・もっと連携よくする方法はない?・・・」


いったん止まって考えてみると、出てくる出てくる! いや、本来出なきゃおかしいですよね。何も考えずにやっているということだから(^_-)-☆


事務作業は特に、細かくやりだしたらきりがないし、「何のためにこの作業を行っているのか」を突き詰めて考えると、実は必要ないことに注力していたってこと、多々あります(;∀;)
時間は有限。人のエネルギーも有限。
事務作業に限らず、日々の活動においても、目的や前後の関係を考えながら行うことが大切。


働き方改革により、労働環境が変化しています。
農業は、労働基準法の適用除外の部分がありますが、働く人が少ない今、ある程度は一般の会社に合わせていく努力が必要です。
そのような姿勢のない会社は思うような人材が集まらないでしょう。


最低賃金も上がっていきます。
栃木県では10年前と比べると1時間当たり100円以上違います。8時間労働したら一人800円違います。20人いれば、1日16000円、20人が1か月25日労働したら単純に40万円アップです。ひょえ~~


というように、10年前と同じことをやっていたら利益が減る一方。
そこに資材費や燃料費の値上げ( ;∀;) ふぅ~、、、ため息がでます、、、。
だから、何のためにやるのか、どこに注力すべきなのか、定期的に見直し、集約していくことが、これからは不可欠です。


7c38f9b4595c0cd14f904975bce6f40c_s.jpg年号が変わるタイミングで、じっくり考えることができた今回の大型連休。
これも、連休だというのに出勤して、田植えや畑仕事をしてくれるスタッフがいるからこそです。
来てくれなかったら私も田んぼに入り、慣れない仕事にへとへとになって、前向きに考えることなんてできないでしょう。心から有難いと思います。


令和の私は今回のように、見直す時間を定期的に取ろうと思います。きっと平成とは違った展開が起こるはず!
楽しみです!


今日もお読みいただきありがとうございましたー。


あなたの「令和」はどんな時代になる?

2019.05. 7

こんにちは!
日本が初体験の大型10連休、いかが過ごされましたか?
年号が令和に変わってから第一号ブログです(*^-^*)
どうぞよろしくお願いいたします。


maeda_557_1.jpg


平成になってからの31年間で、世の中がすっかり変わりましたね。
農業のスタイルやイメージもずいぶん変わりました。
特に身だしなみを整える農業女性が増えましたね(←ウレシイ(*^-^*))


私の31年前の農業女性のイメージは、柄のついた割烹着を着て手ぬぐいのほっかむり。お出かけも家族や隣近所に気をつかい、自分というものを出さないというか出せない。命を育む大切な職業だとは分かっていても、魅力的な職業とは思えませんでした(ごめんなさい。でも本音です)


でも今はまったく違いますよね! 田舎に住んでいても、素敵な農家の女性がたくさんいらっしゃいます(*^-^*)
髪も染めるし、服もカラフル! 自分の意見もどんどん発信できて、可能性が広がっています。なんて自由なのでしょう。


このままいくと農業も近い将来、畑に出ず、スーツを着て室内でパソコンで作業。日焼けなんてしなくなって、農家のイメージが日焼けして真っ黒から、色白に、なんて(笑)! 冗談じゃなくなっちゃうかも?
AIやロボットが急速に普及しそうな「令和」。農業はよりスマートになりそうですね。


自分は5年後、どんなスマート農業人になるのか。
今月は思いっきり妄想を膨らませて楽しもうと思っています(*^-^*)
ルン♪

    1
このページの先頭へ